Ver1.04 施設アイテムなしレベル1

完全育成画像

概要

名前うめいもん学園学長
クラスメイジ
コスト8
加入条件ねずみあいでメイジを選択

キャラクター特性

[快速]
HPと防御の基礎値が10%低い。
3コスト重いが生徒を3体連れてくる。
生徒のクラスは学長のクラスに依存。

特殊能力

クラス特殊能力

クラス名クラス特殊能力名消費効果
メイジマジックボム消費MP13マス以内の地面を対象に取る。
対象と周囲2マスに
倍率1.00の魔法攻撃。
(敵味方判定がないので最大射程で撃たなければ自分すら巻き込むことに注意)
ルーンプリスルーンボム消費MP14マス以内の地面を対象に取る。
対象と周囲3マスに
倍率1.00の魔法攻撃。
(敵味方判定がないので最大射程で撃たなければ自分すら巻き込むことに注意)
アークメイジアークボム消費MP15マス以内の地面を対象に取る。
対象と周囲4マスに
倍率1.00の魔法攻撃。
(敵味方判定がないので最大射程で撃たなければ自分すら巻き込むことに注意)
ネクロマンサーアンデッドコール自動発動場に出た時
アンデッドウィッチトークンを
3体呼び出す。
リッチエルダーコール自動発動場に出た時
エルダーアンデッドトークンを
3体呼び出す。

ネクロマンサー(アンデッドコール)、リッチ(エルダーコール)で呼び出されるトークン詳細


慕われ(初期)

自動発動
3コスト重いが生徒を3体連れてくる。
生徒のクラスは学長のクラスに依存。

慕われの詳細

授業(CC24)

自動発動
学長が場に出ている時、
生徒の攻撃と防御が20%増加。
重複しない。

うめいもん(FCC40)

消費MP4
ルミナ君と生徒と学長のHPが全回復し
戦闘終了まで4ステータス増加。

運用方法・評価

コストが3重いため通常プレイは難しい。
そのため後述のリアニメイトデッキでの運用がメインとなるだろう。
学長がメイジの時に出てくる3体のトークンは無職なのか戦闘能力は低い。
生贄コストか囮と割り切ろう。

最初のクラスチェンジ先は攻撃特化のルーンプリスか、生徒に加えてウィッチを3体召喚するネクロマンサーの2択。
いずれの場合も慕われで出てくる3体の生徒トークンはメイジとなる。
ネクロマンサーの場合はウィッチと3体とあわせて合計6体を生成してくれる。
FCCで光のアークメイジになれば生徒はルーンプリスに、闇のリッチになれば生徒はネクロマンサーとなる。この生徒ネクロマンサーもさらにウィッチを呼び出す。

未CC、および光CCでは8コスト、闇CCでは10コスト必要となる。
しかしバカ正直にコスト8や10を支払う必要はない。
リアニメイト戦略を組み込むならソーサリーの落石やセクスヘブンリー2を利用して手札からゴミ箱へ捨て
リアニメイトパックから出るデッドマリオネットや浅すぎたゴミ箱を使う事で
コストを踏み倒しつつ学長とトークンを呼び出せる。
完全蘇生の闇よりの復活や妖星ならば学長本人も戦闘を続行することが可能。

光へクラスチェンジ

闇に比べて頭数は少なく生徒を含めて4体で戦うことになるが、個々の戦闘力では闇を大きく上回る。

闇へクラスチェンジ

コストがさらに重くなるためリアニメイトで呼び出したい。

デッドマリオネットで死の宣告3がついた状態で蘇生させる場合、
自動的にゴミ箱に帰っていくことがメリットにもなり得る。
1体1体のトークンの性能がいくら低いとはいえ
蘇生魔法を使う度に6体のトークンばらまけるなら話が大きく変わる。
そもそも敵を数で圧倒出来るし、敵がトークンに気を取られてる間にこちらのアタッカーが無傷で攻撃し続けられる。

リッチになればネクロマンサーとなった生徒達も3体ずつ(計9体)のウィッチを連れてくる。
圧巻の15体、学長含めて16体はむしろ敵が気の毒に思える展開力である。
個々の戦力は弱いのでツーマンセルで敵を確実に撃破していこう。

学長がネクロマンサー&リッチで押し込むテーマデッキは十分実用で
ソーサリーを集めるお金や学長を育てる手間さえ解決してしまえば
多くのステージで大活躍してくれることだろう。

なおリアニメイトではなくツインスターズを装備して素出しする場合、13MPもの莫大なコストを要求される。
しかし、これを支払って手札からプレイすると、学長が双子となり、それぞれが15体のトークンを出すため、1枚のカードから32体のユニットが出現することになる。
8-5では敵がこちらのマイプリをコピーするため、計64体が出現することになる。

備考

学長が場に出た時に召喚されるトークンについて

「慕われ」初期状態

「慕われ」光FCCカンスト

「慕われ」闇FCCカンスト+闇メイジ系クラススキル

Menu

ゲームバージョン

2020年8月2日現在
ver2.09b

データ

仲間一覧

攻略

どなたでも編集できます