Ver2.01 施設アイテムなしレベル1

完全育成画像

概要

名前ひな
クラスダンサー
コスト1
加入時期訓練場を作成

キャラクター特性

隣接したマイプリを
再行動できる。

特殊能力

クラス特殊能力

クラス名クラス特殊能力名消費効果
ダンサーダンス消費MP01マス以内の元々のコストが
2以下のマイプリ1体を対象に取る。
それは再行動する。
カリスマダンサーカリスマダンス消費MP01マス以内の元々のコストが
3以下のマイプリ1体を対象に取る。
それは再行動する。

ATKフィールド(FCCLv2〜26)

消費MP1
13マス以内の地面を対象に取る。
対象1マスに攻撃増加Xの
フィールド効果を与える。
XはLvと同じ値である。

DEFフィールド(FCCLv2〜26)

消費MP1
13マス以内の地面を対象に取る。
対象1マスに物理被害軽減Xの
フィールド効果を与える。
XはLvと同じ値である。

HPフィールド(FCCLv2〜26)

消費MP1
13マス以内の地面を対象に取る。
対象1マスに自動回復Xの
フィールド効果を与える。
XはLv*10と同じ値である。

運用方法・評価

ver2.00より参戦したダンサーの少年。

ダンサーとして

たったの1コストで出せるのが嬉しい。
再行動は連続行動の他、場に出たばかりのキャラを動かすこともできるため、疑似的な速攻のように使うことも可能。
対象が2コストのユニットならば、1MPで出したひなの行動権をそちらに移せるためMP面でお得である。

分かりやすく例としてりちぇるを出すと、
りちぇるを2人出すよりも、ひなとりちぇるを出して、りちぇるを2回行動させたほうがMPが得である。
また、この場合は貴重なアイテムをりちぇるに装備させていれば、1つのアイテムの恩恵を1ターンに2度受けることも可能。
精液ぶっかけ等によるバフをりちぇるに与えていた場合、バフで上昇した攻撃力を二重に使うことができる。
これはりちぇるの例なので、もちろん他のキャラでも同様のことが言える。

注意点としては再行動させるためには隣接しなければならないため、うまく場所取りを考える必要がある。
またカウンターを所持するマイプリの場合は、カウンターの消費量には気を付けること。

以下はアーティファクトの突進の宝珠との比較。
ひな突進の宝珠
カードマイプリアーティファクト
MP11
対象2コスト以下のマイプリすべて
プレイタイミング前のターンまでに出しておく再行動させたいキャラと同一ターン
使用回数何度でも1度のみ
その他再行動以外に連続行動にも使えるステータス増加が入る

カリスマダンサーとして

コストが1上がる代わりに再行動対象が3コストまでとなり、新たな特殊能力も覚えるようになる。
また移動力が6と大幅に上昇。
コストが1上がってしまうため、カリスマダンサーになるかどうかはデッキ次第となる。

新たに習得できる特殊能力はエンチャントカードの効果に近い。
ひなの特殊能力設置できるフィールド類似した効果を持つエンチャントカード
ATKフィールド攻撃増加パワー等
DEFフィールド物理被害軽減バリア等
HPフィールド自動回復サンシャイン等
※ひなのスキルには「マリア」等に対応する「魔法被害軽減」のフィールド設置が無い事に注意。

各種バフ等と合わせて使えば味方の能力上昇には優秀な存在となる。計3回の行動が必要になるが1パネルに3つの効果を重ね掛けすることもできるし、カリスマダンスと違い遠距離からでも使えるのも利点。
エンチャント共通の欠点として、パネルに効果が発生するため敵がそのパネルに侵入すると敵が強化される点には注意。
ひなと各エンチャントカードのレベルが同じでも各エンチャントカードの効果値にも範囲にも劣るが、エンチャントカードの分のデッキ枠の圧縮にもなる。

エンチャントパックからでる「ノーマル」やセヴィの「エンチャントレス」に比べると効率は落ちるが、
敵に悪性エンチャントをかけられてもひなの特殊能力で設置するフィールドを重ね掛けすることで悪性エンチャントの弱体化・打ち消しも可能だ。

備考

ダンス、カリスマダンスの「元々のコスト」に関して

ver2.04で確認。
これはデッキ構築の時点で装備品がついていない値を参照しているらしく、
(あるいはマイプリとクラスから判定している?)
例えば基本プレイコストが4のフォートレスでもスキルでプレイコストが3になっている光FCC土姫はカリスマダンスで再行動ができます。
基本プレイコストが3のクライムハートでは、闇FCCルクであればカリスマダンスで再行動可能、キャラクター特性でプレイコストが4の闇FCC愛犬ナチでは再行動不可能。
一方で愛犬ナチでも光FCCではプレイコストが2であるためかダンス、カリスマダンスで再行動可能です。
基本プレイコストが3のサムライマスターでは、光FCCカリンであればカリスマダンスで再行動可能、キャラクター特性でプレイコストが4の光FCCレイチェルでは再行動不可能。
以上のキャラクターにハイスペックを装備しても(プレイコストが+2されても)再行動可能・不可能の判定は変わりません。
リア友をアシガル系、都からの勅命を使用した状態でセクスヘブンリー2のコストとして光FCCレイチェルを手札からゴミ箱に送るとゴミ箱ではプレイコスト2と表示されていますが、
その状態からリアニメイトしてもやはりカリスマダンスでも再行動不可能です。

レインを再行動させる場合

元々のプレイコストが2MPであるレインに関しては(レインがチェンジ・反転召喚後の)クラスの基本プレイコストで判定される模様。
具体的には
MP1〜MP2のクラス
(ダンスで再行動可能)
MP3のクラス
(カリスマダンスでのみ再行動可能)
MP4以上のクラス
再行動不可能
クラス2
レインがレインボーカラー時
ローグ
ナイト
ダークファイター
スナイパー
ライトウィッチ
プリースト
モンク
サムライ
ニンジャ
バンデット
エルダーウィッチ
ディフェンダー
メイジアーマー
ガンナー
ルーンプリス
ネクロマンサー
クラス3
レインがハイレインボー時
ファントム
パラディン
ブラックナイト
ハイスナイパー
アークウィッチ
ハイプリースト
マスターモンク
サムライマスター
ニンジャマスター
クライムハート
ブラッドウィッチ
フォートレス
メイジバロン
アーティラリー
アークメイジ
リッチ
例えばレインをアーチャー系でスナイパー(ハイスナイパー)にしているときはカリスマダンスで再行動できますが、
反転召喚してガンナー(アーティラリー)になると再行動できなくなります。

スタンしたマイプリを再行動

(ダンスの仕様というよりはどちらかというとスタン≒行動済みの状態にするという仕様と推測される)
ダンス、カリスマダンスでコスト範囲内のマイプリであればスタン状態のマイプリも再行動させることができる。
このためマイプリの元のコストには注意が必要だがスタン状態の回復役としても運用可能。

Menu

ゲームバージョン

2020年9月25日現在
ver2.11

データ

仲間一覧

攻略

どなたでも編集できます