Ver1.04 施設アイテムなしレベル1

Ver2.08 施設アイテムなしレベル1

完全育成(極光の木の実)

完全育成(常闇の木の実)

概要

名前戦士ネズミ
クラスファイター
コスト1
該当カード誘いの木の実
光の木の実
誘いの木の実Lv25以上で交換可
闇の木の実
誘いの木の実Lv25以上で交換可
極光の木の実
光の木の実Lv45以上で交換可
常闇の木の実
闇の木の実Lv45以上で交換可

キャラクター特性

[快速]

特殊能力

クラス名クラス特殊能力名消費効果
ファイターパワーアタックMP11マス以内の敵キャラ1体を対象に取る。
倍率1.30の物理攻撃。
ナイトナイトソードMP11マス以内の敵キャラ1体を対象に取る。
倍率1.40の物理攻撃。
隣接した仲間のHPを自動回復
デッキにいるだけでプリンスプリンセスの最大HPが+120(重複可)(プリンス・プリンセスがクラスチェンジしても有効)
トークンであるためデッキにいるだけで発動する効果は得られない。
パラディンホーリーソードMP11マス以内の敵キャラ1体を対象に取る。
倍率1.50の物理攻撃。
隣接した仲間のHPを自動回復
デッキにいるだけでプリンス・プリンセスの最大HPが+400、防御が+40(重複可)(プリンス・プリンセスがクラスチェンジしても有効)
トークンであるためデッキにいるだけで発動する効果は得られない。
ダークファイターダークソードMP0HP40%をコストとして支払う。
1マス以内の敵キャラ1体を対象に取る。
倍率1.30の魔法攻撃。
デッキにいるだけでプリンス・プリンセスの最大HPが+100(重複可)(プリンス・プリンセスがクラスチェンジしても有効)
トークンであるためデッキにいるだけで発動する効果は得られない。
ブラックナイトソウルセイバーMP0HP40%をコストとして支払う。
1マス以内の敵キャラ1体を対象に取る。
倍率1.40の魔法攻撃。
デッキにいるだけでプリンス・プリンセスの最大HPが+300、魔法耐性が+5(重複可)(プリンス・プリンセスがクラスチェンジしても有効)
トークンであるためデッキにいるだけで発動する効果は得られない。

運用方法・評価

トークンの基本的な要素についてはこちら→トークン呼出カード

ベーシックパックや召喚魔法パックから出てくるスタンダードなトークン召喚カード。
MP1でファイターのネズミトークンを出せるので、基本コストが2のファイターのマイプリよりコストが安く、
且つマイプリと違ってルミナ君の周囲4マスが埋まっていても場に出せるのが利点。
ただクラス特殊能力しか持たないので戦力としてはファイターのマイプリより弱い。

クラスチェンジができないが、誘いの木の実がレベル25になればお店で光の木の実と闇の木の実に交換可能。
これが実質クラスチェンジのようなものであり、クラスチェンジと同じくナイトとダークファイターから交換先を選べる。
クラスチェンジ用の結晶が不要なのも利点といえる。
同様にさらにレベルを上げることでパラディン、ブラックナイトになることができる。
誘いの木の実自体をレベル99まで上げる事でファイターのレベル99を拝むこともできるが、戦力的な意味はあまりない。
レベル過剰ボーナスも無いようなので、主力にしているなら交換できるレベルになった時点で交換した方がいいだろう。

特に闇の木の実の場合、アイテム等の補正抜きで魔法攻撃が可能、且つコスト1でプレイ可能なマイプリとなると
闇にクラスチェンジしたカトリ、クラスチェンジ前&光クラスチェンジの秋架ぐらいなので終盤まで数量限定の闇の結晶を温存する意味でも出番があるだろう。

同じくネズミのファイター系トークンを呼び出すツインネズミ系ネズトライアングル系と比較すると
トークン1体につき1MPで呼び出せるのでMP効率としては良く極楽鳥ロベルトが場にいる必要が無いのがメリットだが、
反面デッキの圧縮や手札のプレイ回数を考えると分が悪い。
F・G・Nの降臨に必要なゴミ箱のネズミ関連カード用として見れば、1MPで手札の誘いの木の実系がゴミ箱に入る(同時に対応するトークンが場に出てくる)ので中々美味しい。

Menu

ゲームバージョン

2020年9月25日現在
ver2.11

データ

仲間一覧

攻略

どなたでも編集できます